Jメール、ハッピーメール、シュガーダディをフル活用した結果が出てきました。
バツイチアラフォーの私に、声がかかったのです。
本当に嬉しい瞬間です。
心臓バクバクさせつつ、メールを開封していきました。
Jメールでメールを送ってくれたのは、53歳の会社社長さんです。
LINE交換は確実に必要なのは、店の同僚から教えられていました。
何通かのやりとりの後、LINEで直接お話することになりました。
やはりお小遣いが欲しい理由は聞かれます。
これは素直に話すことにしました。
「バツイチになって、生活がとても大変なんです」
「そういうことなら、一度会って食事にお付き合いを願おうかな」
「はい、よろしくお願いします」
「そうだな、2万円のお小遣いで」
「ありがとうございます」
お食事が2万円になる、破顔してしまいました。

 

 数日後に待ち合わせになりました。
ディナーのご招待です。
黒毛和牛の炙り焼きをいただくことになりました。
とっても美味しくてほっぺたが落ちそうです。
会話はお店でもお客さんとやっているから、うまく合わせることができました。
この料理に、2万円のお小遣い月は最高すぎです。
しかも男性から「週に1回ぐらい会ってみないか?」と言われたのです。
つまり継続契約です。
1も2もなくお付き合いをしたいと思いますと答えてしまいました。

 

 本当に週に1回のペースで、ディナーをご馳走になっていくことに。
毎回いろいろなお店に連れて行ってくれます。
お金をくれるパパと美味しい料理を食べることが、2万円の収入になります。
こんな贅沢をして、収入になるのだから笑いが止まらない状態です。
仕事以外のお金が8万円も入ってくるようになり、色気が出てきました。
パパってお付き合いしていないから、複数作っても問題ないのです。
お金くれるパパをもう少し増やしても何て思うようになっていました。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
パトロン募集サイトBEST5
パトロン募集の成功者に教わったサイト